バストの脇肉を集めてサイズを大きくすることができる

バストサイズを大きくしたいと思っている人は、いろいろな方法が実践できるので、それを覚えておくと良いと思いますが、そのうちの1つには周りの脂肪を集めて、それによってバストを大きくするというものがあります。

これは専用の商品を使ったりしますが、割とすぐにできる方法になります。

バストを大きくするために脇肉などを特に集めてくることになりますけど、矯正下着や補正下着といったものを買って、それを着用することによって胸を大きくしていくというのが適切なプロセスになります。

だから、苦労することや大変なことというのはそんなにはありません。

適切な下着を買って、それを適切に着用しておけば、自然とバストに脇肉が集まってきて、サイズが大きくなるということになりますから。

だから、比較的誰でも始めやすい方法としておすすめなのです。

しかし、方法論を実践しやすいという意味では難易度は低いですが、1番のポイントはバストアップを成功させるための下着選びが上手くいくか?ということです。バストを大きくするために脇肉を集められる下着は普通に売っていますが、1人1人に合ったものを選ばないと効果が出ません。つまり、下着選びの段階で慎重になっていかないと、実際に身に付けて生活を長く続けるなどしても、効果が出ないということがあります。

特に自分がいつも着けているブラのサイズとは違うものを選ぶ必要性が出てくる場合もありますから、できればお店で着用しながら、スタッフにアドバイスをしてもらって購入していくというのが理想だと思います。
バストを大きくするのに脇肉を集める下着の選び方は難しい場合もありますから、自分だけでは正しいものが選べないと思ったときには詳しい人の力を借りると良いでしょう。

バストアップのために積極的に摂りたい食べ物は?

バストアップのために心がけたいことの一つに、「毎日の食べ物にも気を配る」ということがあります。

私達の体は私達が食べたもので出来ていますから、当然バストアップのためにも効果のある食べ物を積極的に摂りたいですよね!

バストアップに効果が見込める食べ物としてまず挙げられるのはずばり、キャベツ。ちょっと意外な気がするかもしれませんね。

実はキャベツに含まれる「ボロン」という成分は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促進する作用があるんです。

エストロゲンは「美のホルモン」とも呼ばれ、ハリのあるお肌やツヤのある髪、そして女性らしい丸みをおびた体を作る働きのあるホルモンです。

ですから、ボロンを含むキャベツを積極的に摂ることで、乳腺を発達させてバストアップ効果が見込めるというわけなのですね。

ちなみにボロンはキャベツだけでなく、リンゴやブドウなどの果物類、ナッツ類や大豆、レーズンなどに多く含まれています。

ただ注意点として、ボロンは加熱調理に弱いため、出来る限り生でいただくというのがポイントですよ。

さらに、大豆製品に含まれる「イソフラボン」は、エストロゲンに似たはたらきをしてくれる成分です。

ですから、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品は是非毎日食べるように心がけたいものですね。

ただイソフラボンの注意点として、摂りすぎると逆に女性ホルモンのバランスが乱れて更年期障害のような症状が出たり、子宮内膜症や乳ガンの発症リスクを高めてしまう恐れがあることが報告されています。

ですから、毎日必要以上に大量に食べたり、大豆製品を食べているのにサプリメントも飲む…などといった摂りすぎには要注意ですよ。